クローバーダイアリー

このブログは私が妊娠から育児中、調べた事や使ってみて良かった物などの紹介をしています。

2017年10月

赤ちゃんの歯がはえ始めると嬉しい気持ちと
歯が無い赤ちゃんらしい笑顔が見られなくなると思うと少し寂しい気持ちにもなりました。
それと同時に、歯磨きは!?もうした方がいいのかな~と、思い始めました。

そこで、歯磨き、歯ブラシについて調べてみました。

⚫歯ブラシとは

赤ちゃんの歯をむし歯から守るための道具です。
歯みがきの習慣を身につけさせることも大切です。
歯があることで正しく発音できるなど、言葉の発達にも関係しています。あごや顔の形を整える、という役目もしています。


⚫選び方

月齢に合わせたものを選びましょう。
「ゴム」タイプ 歯が生えはじめる歯がためや歯ぐきのマッサージのブロックタイプからブラッシングのブラシタイプまで色々な種類があります。

「ブラシ」タイプ・・・自分ではまだちゃんとみがけないので仕上げみがきとしての使用が中心です。
「歯間ブラシ」タイプ・・・歯が生え揃いだしたら虫歯予防に赤ちゃん専用のものを。


⚫気をつけたいこと

○事故がないよう必ず保護者が付き添いましょう。
○乳歯はむし歯になりやすいため、歯みがきは
こまめにおこないましょう。
○口の中にむし歯菌が増えると、永久歯もむし歯になりやすくなります。
また、乳歯のむし歯を抜くと、両側の歯が寄りはじめて永久歯の生えるスペースが狭くなり、歯並びが悪くなることも。生えかわるからと油断せず、乳歯の時期からしっかりケアしてあげた方が良いです。
○小さなお子様に電動歯ブラシを使用させる場合は、対象年齢に十分注意しましょう。
歯みがき剤を使う場合は、赤ちゃんが飲み込んでも安全なものを使いましょう。(上手に口がすすげない間はガーゼでぬぐいとってあげましょう)


⚫使い方

○歯が生えはじめる生後6ヶ月頃から始めます。
食べたらすぐみがくのが理想的。 最低でも1日1回。
歯みがきの習慣を身につけさせることが大切
必ず、仕上げみがきをしてあげましょう。
強くみがきすぎたり、歯ぐきを傷つけないこと。
歯みがき剤はごく少量で十分です。


⚫豆知識

乳歯の生え方
乳歯は、ママのお腹の中にいるとき、妊娠7週頃から
作られはじめます
実際に生えはじめるのは、6~7カ月頃。下の前歯から生えてくることが多いようです
1歳過ぎ頃には上下4本ずつ前歯が生えそろい、1歳半ごろに奥歯が生えてきます。
上下10本ずつ計20本の乳歯が生えそろうには、2歳から3歳頃までかかります。
ただ、生える時期や順序には個人差があるもの。
なかなか生えないと心配する必要はないようです。


歯みがきはどうやってはじめたらよいのでしょうか。

・歯みがきの習慣を身につけさせることが大切なので赤ちゃんの歯が生えはじめる6ヶ月頃から、まずは歯ブラシをお口に入れる練習からお始めになることをおすすめします
実際に歯が生えはじめたら、赤ちゃんが練習した後の
仕上げみがきを忘れず行ってあげてください。

始めは結構嫌がりましたがここで根気強く慣れさせないと後々、歯磨き嫌いになってしまうかもしれません。

乳歯の間はむし歯になっても、永久歯に生え替わるから歯みがきは不要では、と思ってしまいましたが・・・


・小さい頃から歯みがきの習慣を身につけさせることが大切です。
また、乳歯の間にむし歯ができると、口の中にむし歯菌が増え、永久歯もむし歯になりやすくなります。
さらに、むし歯が原因で乳歯を抜くと、歯並びが悪くなることもあります。

⬛1歳になるころ、1度歯医者さんに見てもらう事をオススメします。

私の経験話しではありますが、3歳になるころ初めて歯科医院に行った所、なんと虫歯が5本もあり大変ショックを受けました。

自分では仕上げ磨きがきちんと出来ていると思っていましたが出来ていなかったようです。

医院の方からフロスを毎日使うように言われ、始めたらこんなに食べかすがあったんだ!と驚きました。
いまでは虫歯0本を維持しています。


朝晩寒い季節がやって来ました。

赤ちゃんは寝相が悪く、布団がはだけがちです。
赤ちゃんだけでなく幼児期のお子様も寝相が悪いとすぐに布団をはいでしまいます。
そんな中、赤ちゃんを冷えから防いでくれるためのものがあります。
それはスリーパーです。

そのスリーパーとはどのような物でしょうか。
私が買う前に調べた内容です。


選び方
○素材
“寒い時期は、綿毛布素材、起毛素材等がおすすめで、
中綿入り(羽毛·ポリエステル)の商品もあります。
夏場の暑い時期は、ガーゼ素材、タオル(パイル)素材
を着せてあげると安心です。

○形
ゆったりとした形で、手足が自由に動かせる形のものを選びます。
大きめのベストのような形をイメージします
横が広いタイプの商品は、おむつ替えなどにも
便利です。

⚫気をつけたいこと
スリーパーが窮屈だと、眠りが浅くなってしまう場合があり、逆に大きすぎると顔に布がかかると危険なので注意が必要です。
丈が長いタイプの商品を使用の際は、裾を踏んだりしての転倒に注意します。
肌着などの上から使用します。

私は赤ちゃんのころから使い始め、丈の短いものから長いものを買い揃え、6歳になった今でも愛用しています。

年々寝相が激しくなりスリーパーはかかせないものとなりました。

身長が伸びてもベストとして使えるのでオススメです。

⬛行事⬛

マタニティと赤ちゃんをめぐる行事には 妊娠~出産~成長を祝い
特別な道具、衣類を準備する行事や、地域特有の古来からの行事もあります。
地域与件が非常に大きいので、自分が住んでいる地域で行われている行事を前もって確認しときますしょう。


子供の成長ごとに祝うものが色々あります。

妊娠がわかってから一番初めにするお祝いが
⚫帯祝い
妊娠5カ月目に入ったら、安産を祈願してその月の「戌の日」に腹帯·岩田帯(さらし)をお腹に巻きます。

⚫戌の日
戌は多産でありながらお産がきわめて軽い
ことから「安産の守り神」と言われています。
安産を願い、戌の日に腹帯をします。

⚫お七夜·命名式
赤ちゃんが生まれて
から7日目を「お七夜」といい、赤ちゃん誕生を祝うはじめての行事です。
奉書紙(または半紙)に赤ちゃんの名前と生年月日を墨書きして神棚やベビーベッドなどに飾り、家族や名づけ親の方を招いてお祝いします。
なお「お七夜」は必ず7日目にする必要はありません。
体調や家族の都合も考え、ゆっくりお祝いできる日を選びましょう。

⚫お宮参り
出産の無事を確認し、赤ちゃんの健やかな成長を祈願して、氏神様に氏子の一人となったことを報告する行事です。
一般的なお宮参りの時期は男の子なら生後30~31日目、女の子は生後31~32日目といわれますが、赤ちゃんとママの体調と相談して、良い日を選んでください。

○お宮参りのしかた
お宮参りをするときは、父方の祖母が赤ちゃんを抱くのが一般的です。

神社の入り口にある「手水舎」で
手と口を清めてから社殿に進み、お賽銭をあげます。
鈴を鳴らし、二礼、二拍手し、手を合わせてお祈りします。
最後に一礼して終わりです。

⚫お食い初め
生後100日目に赤ちゃんがここまで無事に成長したことを喜び、赤ちゃんが一生食べ物に困ら
そして歯が丈夫に育つようにとの願いを込め、初めてご飯を食べさせる真似事を行う儀式やす
地域によっては110日目、120日目などに行うところもあります.また、箸揃え·箸祝い·喬固めなど呼ばれることがあります。

○お食い初めのやり方
お膳に料理を並べて、祖父母もしくは年長
赤ちゃんを膝に抱いて、食べさせる『真似
します。(この役割の人を「養い親」といいます
そして、この儀式を終えた後に大人たちは食事
始めます。

⚫初節句
生まれてから初めて迎えるお節句のこと
女の子は3月3日の桃の節句(ひなまつり)、男の子は5月5日の端午の節句となります。
健やかな成長を願い、厄と邪気を祓います。
(誕生後21日以内に節句が来る場合は、翌年に行うようです.)

○女の子の初節句
ひな人形を飾り、お祝いします。
ひな人形は、お子さまの身代わりになって災い
受けてくれるお守りであり、やさしい女性に育ち、幸せな結婚に恵まれるようにとの願いを込めて飾ります。

○男の子の初節句
鎧飾り·兜飾り·鯉のぼりを飾り、お祝いします
鎧飾りなど家の中に飾るものを「内飾り」、鯉のぼりなど外に飾るものを「外飾り」といい、ます。

○内飾り
健やかな成長を、「外飾りは立身出世を願うも
です。

⚫満1歳のお誕生日

赤ちゃんの満1歳の誕生日をお祝いします。
お祝いのしかたは地域によって様々です.餅をついて背負わす、踏ますというのが全国的多く行われているようです。


というように、行事は盛り沢山‼
家族みんな楽しい思い出になりますように。

毎日の授乳って大変ですよね!

家の中でも、外出先でも2、3時間おきに授乳の時間がやってきます。

いつもお家の中でゆったり授乳が出来ればいいのですが、用事があったりたまにはショッピング等で外出もすることでしょう。
外出先での急な授乳、母乳の方はまず授乳室を探します。
しかし、授乳室が無かったり授乳室が共同だったりすると人の目が気になります。
そんなとき役立つのが授乳ケープです!

母乳もミルクも必ず赤ちゃんを抱っこしなくてはなりません。
授乳意外の時でも抱っこするので、中には腱鞘炎になってしまう方もいるようです。
そんな時に役立つ物が、授乳クッションです!

この2つのお役立ちグッズについて調べてみました。


⚫授乳ケープ·授乳クッションとは

○授乳ケープとは
赤ちゃんとお母さんの胸元をすっぽり覆ってくれるケープやスカーフのことです。
授乳室がないときなど、授乳の場所やタイミングを選ばず授乳ができます。

○授乳クッションとは
産後の腰痛や肩こりの原因となる授乳姿勢をサポートするクッション。クッションをママのお腹にはめてその上に赤ちゃんを乗せて授乳すれば、赤ちゃんの重みを支えて、肩や腰をラクにしてくれます。

選び方(授乳ケープ)
素材は、柔らかく通気性に優れており、肌触りのよいもの

デザインは、色や柄など種類豊富にあります。

選び方(授乳クッション)
素材は、汗をしっかり吸収する素材や、肌に優しい素材
○デザイン
キャラクター商品ノンキャラクター商品
○大きさ
弾力があり、赤ちゃんをささえる十分な大きさがあること


⚫気をつけたいこと
洗濯できるものはこまめに洗って清潔を保つ。
赤ちゃんとママが密着する授乳時は汗をかきがちです。汗をかいたら、こまめに拭くことを心がける。

妊娠がわかると、とても嬉しいですよね‼
これからマタニティライフを楽しもうという時、次にテンションが上がるのが母子手帳をもらった時です。ますます赤ちゃんができたんだなぁという実感が湧いてきます。

これから頻繁に持ち歩くようになる母子手帳を大切に使いたいため母子手帳ケースを使う事をオススメします♪
年々かわいらしい柄も増えてオシャレに持ち歩く事が出来るようになってきてます。
是非、自分好みのデザインを見付けてみて下さい。

さて、母子手帳とは?母子手帳ケースとはどのような物でしょうか。少し詳しく説明したいと思います。


⚫母子手帳ケースとは
母子健康手帳や保険証、診察カード等を収納するポケットやカード入れがついているケースです。
※母子健康手帳とは?
一般的に「母子手帳」と呼ばれることが多いですが、正式には「母子健康手帳」と言い、市区町村ごとに交付します内容は、妊娠や出産の経過から小学校入学前までの健康状態、発育、予防接種などの記録といった全国的に共通している部分と妊娠中の注意点など、市区町村の任意で書かれている部分とがあります。


⚫選び方
○サイズ
※母子手帳のサイズ(厚さ含む)は交付する市町村によって違います。

○母子手帳のもらい方
自分の住んでいる市区町村の役所で「妊娠届」に必要事項を記入して提出すれば、その場でもらうことができます。
ただ、市区町村によっては、産院の証明書などが必要な場合もあるので、何が必要なのかは各区市町村の役所に問い合わせて確認しましょう。
また、ママではなく代理の人がもらうこともできますが、身分証明書や印鑑などが必要になってくることもあるので、この場合も各市区町村へ事前に確認して下さい。

⚫いつごろもらえばいいのでしょうか
検診で頭殿長(CRLと呼ばれる、赤ちゃんの頭からおしりまでの長さ)が2cmくらいになったと診断されたころが良いようです。
☆目安はだいたい妊娠10週以降です

⚫豆知識
○「母子手帳」って何のためにできたの??
母子健康手帳のもとになる『妊産婦手帳』が出来たのは昭和17年、戦時中食料不足のなか妊産婦手帳を持っていると食糧などを優先的に配給されたそうです。昭和23年『母子手帳』に呼び名が変更になり、赤ちゃんが生まれてからの健康チェックや予防接種の記録が付け加えられより赤ちゃんの為に修正され、昭和41年
現在の『母子健康手帳』と名前を再び変え、最近では医師·助産師だけでなくママ自身が書き込むページが出来、より一層使いやすく改良されました。


販売店によっては見本が置いてある所もあるので、購入する時は、母子手帳を持っていきサイズをきちんと確かめた方が良いです。

ガード類を結構入れますので余裕があったほうがいいです。








↑このページのトップヘ