毎日の授乳って大変ですよね!

家の中でも、外出先でも2、3時間おきに授乳の時間がやってきます。

いつもお家の中でゆったり授乳が出来ればいいのですが、用事があったりたまにはショッピング等で外出もすることでしょう。
外出先での急な授乳、母乳の方はまず授乳室を探します。
しかし、授乳室が無かったり授乳室が共同だったりすると人の目が気になります。
そんなとき役立つのが授乳ケープです!

母乳もミルクも必ず赤ちゃんを抱っこしなくてはなりません。
授乳意外の時でも抱っこするので、中には腱鞘炎になってしまう方もいるようです。
そんな時に役立つ物が、授乳クッションです!

この2つのお役立ちグッズについて調べてみました。


⚫授乳ケープ·授乳クッションとは

○授乳ケープとは
赤ちゃんとお母さんの胸元をすっぽり覆ってくれるケープやスカーフのことです。
授乳室がないときなど、授乳の場所やタイミングを選ばず授乳ができます。

○授乳クッションとは
産後の腰痛や肩こりの原因となる授乳姿勢をサポートするクッション。クッションをママのお腹にはめてその上に赤ちゃんを乗せて授乳すれば、赤ちゃんの重みを支えて、肩や腰をラクにしてくれます。

選び方(授乳ケープ)
素材は、柔らかく通気性に優れており、肌触りのよいもの

デザインは、色や柄など種類豊富にあります。

選び方(授乳クッション)
素材は、汗をしっかり吸収する素材や、肌に優しい素材
○デザイン
キャラクター商品ノンキャラクター商品
○大きさ
弾力があり、赤ちゃんをささえる十分な大きさがあること


⚫気をつけたいこと
洗濯できるものはこまめに洗って清潔を保つ。
赤ちゃんとママが密着する授乳時は汗をかきがちです。汗をかいたら、こまめに拭くことを心がける。