⬛行事⬛

マタニティと赤ちゃんをめぐる行事には 妊娠~出産~成長を祝い
特別な道具、衣類を準備する行事や、地域特有の古来からの行事もあります。
地域与件が非常に大きいので、自分が住んでいる地域で行われている行事を前もって確認しときますしょう。


子供の成長ごとに祝うものが色々あります。

妊娠がわかってから一番初めにするお祝いが
⚫帯祝い
妊娠5カ月目に入ったら、安産を祈願してその月の「戌の日」に腹帯·岩田帯(さらし)をお腹に巻きます。

⚫戌の日
戌は多産でありながらお産がきわめて軽い
ことから「安産の守り神」と言われています。
安産を願い、戌の日に腹帯をします。

⚫お七夜·命名式
赤ちゃんが生まれて
から7日目を「お七夜」といい、赤ちゃん誕生を祝うはじめての行事です。
奉書紙(または半紙)に赤ちゃんの名前と生年月日を墨書きして神棚やベビーベッドなどに飾り、家族や名づけ親の方を招いてお祝いします。
なお「お七夜」は必ず7日目にする必要はありません。
体調や家族の都合も考え、ゆっくりお祝いできる日を選びましょう。

⚫お宮参り
出産の無事を確認し、赤ちゃんの健やかな成長を祈願して、氏神様に氏子の一人となったことを報告する行事です。
一般的なお宮参りの時期は男の子なら生後30~31日目、女の子は生後31~32日目といわれますが、赤ちゃんとママの体調と相談して、良い日を選んでください。

○お宮参りのしかた
お宮参りをするときは、父方の祖母が赤ちゃんを抱くのが一般的です。

神社の入り口にある「手水舎」で
手と口を清めてから社殿に進み、お賽銭をあげます。
鈴を鳴らし、二礼、二拍手し、手を合わせてお祈りします。
最後に一礼して終わりです。

⚫お食い初め
生後100日目に赤ちゃんがここまで無事に成長したことを喜び、赤ちゃんが一生食べ物に困ら
そして歯が丈夫に育つようにとの願いを込め、初めてご飯を食べさせる真似事を行う儀式やす
地域によっては110日目、120日目などに行うところもあります.また、箸揃え·箸祝い·喬固めなど呼ばれることがあります。

○お食い初めのやり方
お膳に料理を並べて、祖父母もしくは年長
赤ちゃんを膝に抱いて、食べさせる『真似
します。(この役割の人を「養い親」といいます
そして、この儀式を終えた後に大人たちは食事
始めます。

⚫初節句
生まれてから初めて迎えるお節句のこと
女の子は3月3日の桃の節句(ひなまつり)、男の子は5月5日の端午の節句となります。
健やかな成長を願い、厄と邪気を祓います。
(誕生後21日以内に節句が来る場合は、翌年に行うようです.)

○女の子の初節句
ひな人形を飾り、お祝いします。
ひな人形は、お子さまの身代わりになって災い
受けてくれるお守りであり、やさしい女性に育ち、幸せな結婚に恵まれるようにとの願いを込めて飾ります。

○男の子の初節句
鎧飾り·兜飾り·鯉のぼりを飾り、お祝いします
鎧飾りなど家の中に飾るものを「内飾り」、鯉のぼりなど外に飾るものを「外飾り」といい、ます。

○内飾り
健やかな成長を、「外飾りは立身出世を願うも
です。

⚫満1歳のお誕生日

赤ちゃんの満1歳の誕生日をお祝いします。
お祝いのしかたは地域によって様々です.餅をついて背負わす、踏ますというのが全国的多く行われているようです。


というように、行事は盛り沢山‼
家族みんな楽しい思い出になりますように。